全国のTOHOシネマズで利用できる 映画鑑賞券 20組40名様にプレゼント

<TOHOシネマズ映画鑑賞券について>

<TOHOシネマズ映画鑑賞券について>

●有効期限:2020年2月末日

●鑑賞方法:インターネットまたは各劇場の窓口・自動券売機で座席指定券に引き換えてご入場ください。(ご鑑賞される2日前より座席指定ができます)

●3D/IMAX/MXD/Dolby Atmos上映等の特殊上映、また特別席をご利用の場合は、追加料金が必要です。

注:試写会・イベント・別途指定する特別興行に係る作品では、利用できません。
注:全国のTOHOシネマズで利用できます。

劇場や興行情報、最新の対象劇場について詳しくは、TOHOシネマズのホームページをご覧ください。

TOHOシネマズホームページはこちら

ご応募にあたっての注意

LINDAおすすめ!映画紹介コーナー

『人間失格 太宰治と3人の女たち』


   

天才作家の人生を切り取った、禁断のエンターテインメント

Introduction & Story


写真家としても世界的に活躍する蜷川実花監督が、天才作家・太宰治のスキャンダラスな恋と人生を、鮮やかにスクリーンに焼き付けました。
「人間失格」は世界的に有名な日本の小説ですが、その誕生秘話は、物語以上に劇的なドラマをはらんでいたのです。蜷川監督が描くのは、39歳でこの世を去った太宰の、最晩年の約1年半。トップ俳優の小栗旬が鮮烈に演じます。
その時期、彼の人生を彩った3人の女性たち――凛と美しい妻・美知子に宮沢りえ、太宰もその才能に惚れ込んだ作家志望の静子に沢尻エリカ、物静かな未亡人の富栄に二階堂ふみ。魅惑的な3人の女優陣が、愛すべきダメ男・太宰の愛と葛藤をそれぞれ照射していきます。

  

cinema LINDA通信簿


ハラハラ度 ★★

胸キュン度 ★★★

衝撃度   ★★

   

小説「人間失格」を青春時代に読み、多大なる影響を受けた人は少なくないと思います。しかし本作は、その小説自体の映画化ではなく、太宰が「人間失格」を書き上げるまでの約1年半の小説・誕生秘話。多くの人が主人公に太宰を重ねて読んできただけに一層、興味が尽きない物語ともいえます。映画の冒頭でも編集者たちが心中も自殺未遂も、小説のネタ探しだ等々かまびすしく噂し合っていますが、果たして実のところは――

2人の子どもと身重の妻を置いて、若く才能にあふれた作家志望の静子との逢瀬にいそいそ出かけ、激しい情事にふける太宰。ところが静子に妊娠を告げられるや、途方にくれて知的な未亡人・富栄に安らぎを求め、ズブズブと愛欲にハマっていきます。愛人2人に子どもがほしいと迫られる太宰の、愛嬌やダメさ、ぐだぐだの優しさに、ある意味なるほどと腑に落ちる思いもします。ところが家に帰れば、駄々っ子のように妻に不貞腐れたり、甘えたり……。身勝手にも程がありますが、動じない妻もスゴイ! 三者三様の愛と業の深さに、ハラハラと目が離せません。小栗旬が醸す太宰自身の色気も含め、女たちの妖艶な色香が、夜のネオンのように色鮮やかにスクリーンから滴り落ちそうな映像美……。もちろん蜷川監督だけが現出させられる、魅惑の世界観に圧倒されます。

(文・折田千鶴子)

   

LINDA注目のSTAFF&CASTを紹介!


映画監督・写真家:蜷川実花さん

 

枝垂れる白藤、世界をピンク色に染める梅の花……色とりどりに咲き乱れる花々に縁取られた、画の美しさにハッと息を飲み、魅せられます。一目で蜷川実花ワールドに没入させてくれる蜷川実花監督の感性は、本作でも存分に炸裂。きらびやかな原色がパーンと弾けて横溢(ルビ:おういつ)する『さくらん』や『ヘルタースケルター』、そして現在公開中の映画『Diner ダイナー』などに比べると、若干、蜷川実花色は抑え目ですが、そこにレトロ感が加わることで、幾分しっとりと奥行きを増した独特な味わいとなっています。ちなみに、当JCB LINDAのカードデザインにも、蜷川実花さんが手掛けたものがあります。実花さんの美的センスがすみずみまで行き渡った映像世界に溺れる快感を味わってください。

 

『人間失格 太宰治と3人の女たち』

2019913日(金)全国ロードショー

R15+

 

監督:蜷川実花

出演:小栗旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ

成田凌/千葉雄大 瀬戸康史 高良健吾/藤原竜也

脚本:早船歌江子 音楽:三宅純 プロデューサー:池田史嗣

主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ「カナリヤ鳴く空feat.チバユウスケ」(cutting edge/JUSTA RECORD

製作:2019「人間失格」製作委員会 企画:松竹 配給:松竹 アスミック・エース  

 

© 2019 『人間失格』製作委員会

『人間失格 太宰治と3人の女たち』のホームページはこちら