全国のTOHOシネマズで利用できる 映画鑑賞券 20組40名様にプレゼント

<TOHOシネマズ映画鑑賞券について>

<TOHOシネマズ映画鑑賞券について>

●有効期限:2020年4月末日

●鑑賞方法:インターネットまたは各劇場の窓口・自動券売機で座席指定券に引き換えてご入場ください。(ご鑑賞される2日前より座席指定ができます)

●3D/IMAX/MXD/Dolby Atmos上映等の特殊上映、また特別席をご利用の場合は、追加料金が必要です。

注:試写会・イベント・別途指定する特別興行に係る作品では、利用できません。
注:全国のTOHOシネマズで利用できます。

劇場や興行情報、最新の対象劇場について詳しくは、TOHOシネマズのホームページをご覧ください。

TOHOシネマズホームページはこちら

ご応募にあたっての注意

LINDAおすすめ!映画紹介コーナー

『マチネの終わりに』



    

運命に翻弄される、2人の男女の愛の結末とは

Introduction & Story


累計発行部数50万部を突破した、芥川賞作家・平野啓一郎による同名ベストセラー小説が映画化されました。東京、パリ、ニューヨークを舞台に、天才ギタリストとジャーナリストの男女2人が出会い、惹かれ合いながらもすれ違う、6年にもわたる愛の軌跡が紡がれます。天才クラシックギタリストの蒔野を演じるのは福山雅治。また、海外で活躍するジャーナリストの洋子を石田ゆり子が演じます。「昼顔」シリーズで日本中を煩悶させた西谷弘監督×脚本家・井上由美子が描く、現実に阻まれ、なかなかたどり着けない互いへの想いに、胸が焦がされます。

cinema LINDA通信簿


胸キュン度    ★★★

ハラハラ度    ★★

泣ける度       ★★★

   

6年でたった3度の邂逅。それだけで互いを思い続け得るか。生の肉体を伴う映像でも、実感をもたらし得るだろうか。それが成り立ったのは、原作や脚本のしっかりした土台の上で、細部に抜かりなく、世界観が構築されているからでしょう。友人を介して出会った2人が、“実は未来が過去を変えている”という会話で響き合い、惹かれ合う。コトリと心が動くその一瞬で、私たち観客も“未知なる恋”に落ちてしまうのです。一方、蒔野を敬愛するマネージャーが、“純粋な尊敬と献身、女の嫉妬”をないまぜに、いい具合に引っ掻き回します。演じる桜井ユキの絶妙な演技も見どころです。

もちろん、主演2人も必見。クラシックギター奏法を猛特訓の末に習得、劇中では美しい旋律を奏でスウっと引き込む福山雅治。ごく自然な佇まいに敏腕ジャーナリストらしい凛とした強さを流し込んだ石田ゆり子。時間をかけて紡ぎ出される、2人の忘れられない運命の恋にすっぽりと入り込ませてくれます。大人だからこそ突っ走れず、さまざまな困難にぶつかりながらも、その中で熟成していった、恋の深い芳香を堪能できる一作です。

(文・折田千鶴子)


   

LINDA注目のSTAFF&CASTを紹介!



クラシックギター監修:福田進一さん

 

音楽小説としても評価された小説「マチネの終わり」の原作者・平野啓一郎さんが、すでにその構想段階から助言を受けていたのが、世界的なギタリストの福田進一さんです。小説の発表時、登場する楽曲を演奏した小説連動CDアルバム「マチネの終わりに」をリリースし、好評を博しました。文庫化の折にも、平野啓一郎監修による選曲で「マチネの終わりにand more」もリリース。映画化にあたっても、福田さんはクラシックギター監修を務め、3ヵ月にわたって主演の福山雅治さんに猛特訓を施しました。その福田さんが「音色に温かさと人間味があふれている」と太鼓判を押す、福山雅治さんの演奏シーンも大きな見どころです。

 

『マチネの終わりに』

2019年11月1日(金)全国ロードショー
 

監督:西谷弘

出演:福山雅治 石田ゆり子 伊勢谷友介 桜井ユキ 木南晴夏 風吹ジュン 板谷由夏 古谷一行

原作:平野啓一郎 脚本:井上由美子 音楽:菅野祐悟 クラシックギター監修:福田進一

製作:フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク 制作プロダクション:角川大映スタジオ  配給:東宝    

© 2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク

『マチネの終わりに』のホームページはこちら