【 軽井沢プリンスホテル 】

【 軽井沢プリンスホテル 】

ショッピングにグルメにスパ・温泉! 軽井沢プリンスホテルで充実女子旅へ行こう

    

徐々に春めく今日このごろ。小旅行をしたりおいしいものを食べたり、温泉にゆっくり入りたい、そうそう買い物も欠かせない!
そんな欲望を、余すことなく叶えてくれるのが「軽井沢」。今回紹介する「軽井沢プリンスホテル イースト」は、信州産のおいしい食材を堪能できて、天然温泉にも浸かれるホテル。デザイン性に富んだ内装も目を引きます。
駅前に広がる「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」と隣接しているので、徒歩でショッピングに向かうことができるのもうれしいポイント。さらに、スパでは別荘のような空間でいやしの時間を提供。春のお出かけは、この魅力的なホテルを基盤に計画を立てましょう!



   

首都圏エリアから好アクセス! 到着したら荷物を預けて身軽に観光

東京駅から新幹線で約1時間、大宮駅からだと約40分というアクセスの良さも魅力の軽井沢。
移動時間が短いので、週末だけの小旅行でも観光にたっぷり時間を使えます。軽井沢駅南口を出たら、すぐ目の前にはショッピングプラザが広がり、到着後のアクセスもばっちり。

また、「ザ・プリンス 軽井沢」「ザ・プリンス ヴィラ軽井沢」「軽井沢プリンスホテル イースト Aタイプコテージ」に宿泊される方は「軽井沢プリンスホテル ゲストサービスセンタースマイルコンシェルジュ」で荷物を預けることも可能です。


   

駅から3分の広大なショッピングエリア

旅の醍醐味といえば、やっぱりショッピング!軽井沢駅南口の目の前に広がる「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」へ向かいます。
入っているショップ数はなんと約240店舗!カジュアルなアパレルショップから、自分へのご褒美にしたいハイブランドのお店まで店揃えはさまざま。

人気ブランドのアウトレットも入っているので、おトクな掘り出し物を探したり、思い思いの散策ができます。荷物が増えても無料のピックアップバスでホテルに向かえるので安心。また、天気が良い日はレンタサイクルで軽井沢の空気を味わうのも一興です。



   

木漏れ日を感じる、意匠を尽くした心安らぐロビー

森の中に物語を見つけに行く…、そんなイメージでデザインされたロビー。中央には大きな木を模したオブジェが天井まで広がり、ライトには木漏れ日を感じさせるよう葉っぱのモチーフが重ねられています。2017年、現在の内装にリニューアル。
型にはまらない個性的な小規模の高級ホテルで構成される「スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド™」にも加盟する、ひと味違う趣をもつホテルです。

ロビー奥の「ゲストラウンジ SAKURA」では、ツインルーム宿泊者の特典としてコーヒーや紅茶、フルーツジュースなどのフリードリンクを24時間楽しめます。肌寒い日には、ユニークなゴルフクラブ型の暖炉に灯がともり、旅に欠かせないゆっくり語らうひとときを味わうこともできるのです。



   

サクサクあつあつ!小休憩は流行りのダッチベイビーで

ちょっとした休憩にはホテル1階の「All Day Dining Karuizawa Grill」がおすすめ。
窯焼きやグリルメニューが自慢の同店では、いま流行りのスキレットケーキ、「ダッチベイビー」が食べられます。LINDAガールは、信州産ブルーベリーがアクセントになったダッチベイビーを堪能。
スキレットに沿った周りの部分はサクサクであつあつ!甘すぎない爽やかなクリームとブルーベリーアイスがほんのり溶けあって、疲れも忘れるおいしさです。

上記のメニューとは別に、シーズンごとにテーマを変えた、季節限定のダッチベイビーが提供されることも。甘いものを堪能したい時にはあわせてチェックしてみましょう。



     

美しい森を眺めながら浸かれる温泉に心もほぐれて

甘いスイーツでお腹を満たしたあとは、心と身体をいやす温泉に。「軽井沢プリンスホテル イースト」に宿泊すると、天然温泉を使用した内湯・露天風呂・スチームサウナを楽しめる温浴施設を利用できます。
温泉ゾーンからは軽井沢の森を眺めることができ、体も心も自然とほぐれていくよう。温泉で温まったら、緑に囲まれた部屋に戻ってゆっくり休んで。



   

旅が特別になる非日常のスパ空間で疲れをリセット

旅により一層の特別感を持たせたいなら、スパがおすすめ。
SPA THE FOREST PRINCE」は、高級感漂う別荘のような空間でスペシャルケアを受けられる滞在型リゾートスパです。
悩みや希望にあわせて選べるさまざまなトリートメントプランから、今回は「デトックス・ビューティー/ボディー&フェイシャル」を選択しました。はじめにきめ細かいスクラブで古い角質を取り除いてからオイルトリートメントを行うため、栄養成分が効果的に浸透するそう。2人同時施術も可能なので、お友達同士でも至福の時間を共有できます。

温泉に入ってしまうと、トリートメントの効果的な成分が流れてしまうので、温泉はスパ前に利用しましょう。



     

都会の喧騒から離れてホッと一息できる客室はまるで森の中

「可愛い!」入った瞬間、そう感嘆の声が漏れてしまう客室「フォレストツインルーム」は、丸太柄の壁紙がユニークで、愛らしいクッションや絨毯がアクセントになっています。奥の壁に羽ばたくちょうちょ、実はハンガーフックなんです。
コートやバッグを掛けるという動作も、写真に収めたくなる瞬間に変わります。ソファーベッドを利用すれば、最大3人まで泊まることができます。



   

軽井沢の森を眺めながら、しゃぶしゃぶで優雅にお腹を満たす夜

ディナーのおすすめは「すき焼 しゃぶしゃぶ 鉄板焼 爽風」のしゃぶしゃぶコース。彩り豊かな前菜には信州産の食材をふんだんに使用。うまみ溢れる黒毛和牛と信州米豚ロースの2種盛りは、信州産のくるみダレでいただきます。
柿の木茸や花びら茸、畑しめじなどバラエティに富んだきのこ類が会話を弾ませる名脇役に。

さらに、〆に選べる信州そばも絶品!デザートは日によって変わる水菓子。最後の一品まで優雅なディナータイムを楽しめます。メインのお肉は、美しいサシの入った口溶けの良い信州プレミアム牛肉を選ぶことも可能です。




  

2日目の朝は「信州の恵み」たっぷりのモーニングから

朝ごはんは、前日ダッチベイビーを食べた「All Day Dining Karuizawa Grill」で。大きな窓から差し込む朝の光を感じながら、信州の恵みたっぷりの朝食を味わいます。日替わりのスキレット朝食は、朝焼きパンも楽しみなポイント。
和朝食は、2種類の焼き魚をメインに、信州のごはんと信州の味噌を使った味噌汁など、丁寧な朝ごはんを味わうことができます。



  

軽井沢プリンスホテルの敷地内を散策して自然と触れ合う

朝食を済ませたら、「All Day Dining Karuizawa Grill」の窓から見えていた庭へ散策に出てみませんか?ホテルの敷地内にはゆったりと散歩できるエリアがあり、軽井沢の新鮮な朝の空気を吸って、旅の2日目を始められます。自然溢れる静かな散歩道には鳥の声が響き、心洗われる時間を過ごせます。



   

冬だけじゃない!スポーツアクティビティも充実

冬はスノーレジャーができる場所としても名高い軽井沢ですが、軽井沢プリンスホテルでは春から楽しめるスポーツアクティビティも充実しています!8面あるテニスコートは朝6時から利用可能。用具はレンタル品があるので手ぶらでもOK
軽井沢・プリンスショッピングプラザ内のボウリング場「軽井沢プリンスボウル」は、天候が崩れてしまった日も楽しむことができます。軽井沢ならではの壮大なスケールでゴルフを楽しめるゴルフコースもあります。



   

ショッピング三昧もよし、軽井沢観光もよし!帰りの時間にとらわれず2日目も充実の旅に

20時台発の新幹線でも21時台には東京に着く好アクセスの軽井沢は、帰りの時間が気になってしまう2日目も充実の観光プランを組むことができます。

1日目に周りきれなかったショッピングはもちろん、「軽井沢ニューアートミュージアム」をはじめたとした施設を巡ってもすてきな旅になりそう。ショッピングプラザ内にはディナースポットや喫茶店もあるので、観光後は帰りの時間まで駅チカでゆっくり過ごしてみてはいかがでしょう?



   

軽井沢プリンスホテルにはまだまだ楽しめるエリアが!

ホテル敷地内のスキー場では、グリーンシーズンにジップラインを楽しめます。ワイヤーロープを滑車で滑り降りるスリル満点のジップライン。軽井沢の自然を満喫しながらトライしてみては?さらに自然を感じたいときは「自然体験プログラム」も。

夜の矢ヶ崎山エリア内で野生動物を探す予約制のワイルドサファリツアーなども季節限定で用意されています。「食」をもっと楽しみたいなら、「軽井沢プリンスホテル ウエスト」のレストラン棟へ。中国料理や長野県産の米で炊いたごはんとともに海の幸を食せる日本料理のお店があります。


  

LINDAガールの感想をチェック

竹一さん
「軽井沢っていうと、なんとなく遠い印象でした。でもいざ行ってみると、都内から1時間程度でびっくり!ショッピングプラザも駅から目の前だし、また来ちゃいそうです。スパも気持ちよくて、週末のご褒美にピッタリだと思いました」

岩倉さん
「わたしも軽井沢は今回がはじめて。駅から出てすぐに買い物ができるし、ホテルも歩ける距離なのがすごく良かった。ダッチベイビー、夕食、朝食と、どれもとてもおいしくて大満足!今回は12日だったけど、日帰りでも行けちゃうのが良いですね」





   
沢屋 旧軽井沢店/喫茶サロン

沢屋 旧軽井沢店/喫茶サロン

1952年に青果店として創業した沢屋では、現在はこだわりのジャムを購入することができます。添加物を使用せず、果実の甘みと砂糖のみで一つひとつ手作りしています。長野のおいしい果物から作られるジャムはお土産にもおすすめです。


営業時間:9:00AM~6:00PM

所在地:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢746-1

トリックアートミュージアム軽井沢

トリックアートミュージアム軽井沢

天井に立ったり、名画「モナリザ」をこっそり剥がしたり。そんな目の錯覚を利用したトリックアートを楽しめる「トリックアートミュージアム」は、きっと童心に帰ることができるはず。遊び疲れたら、館内のカフェで休憩するのもおすすめ。


営業時間:
〈通常〉10:00AM~6:00PM
〈夏季〉9:00AM~7:00PM
〈冬季〉10:00AM~5:00PM

所在地:長野県北佐久郡軽井沢町旧軽井沢809

公式サイトはこちら