全国のTOHOシネマズで利用できる 映画鑑賞券 20組40名様にプレゼント

<TOHOシネマズ映画鑑賞券について>

<TOHOシネマズ映画鑑賞券について>

●有効期限:2021年4月末日

●鑑賞方法:インターネットまたは各劇場の窓口・自動券売機で座席指定券に引き換えてご入場ください。(ご鑑賞される2日前より座席指定ができます)

●3D/IMAX/MXD/Dolby Atmos上映等の特殊上映、また特別席をご利用の場合は、追加料金が必要です。

注:試写会・イベント・別途指定する特別興行に係る作品では、利用できません。
注:全国のTOHOシネマズで利用できます。

劇場や興行情報、最新の対象劇場について詳しくは、TOHOシネマズのホームページをご覧ください。

TOHOシネマズホームページはこちら

ご応募にあたっての注意

映画紹介コーナーは今回をもって終了します。

LINDAおすすめ!映画紹介コーナー

『青くて痛くて脆い』

 

ヒリヒリする青春サスペンス誕生!

Introduction & Story


デビュー作『君の膵臓をたべたい』が累計300万部を超えるベストセラーになり、続く映画作品も大ヒット。“キミスイ”ブームを巻き起こした作家・住野よるの第5作目となる『青くて痛くて脆い』が、ついに実写映画化されました。大学に入ったばかりの主人公・田端楓が、周囲となじめない理想主義者の同級生・秋好寿乃と結成した秘密結社“モアイ”。しかし、3年後、秋好はこの世界からいなくなり、モアイもいわゆる意識高い系就活サークルへと形を変えてしまう。大切な仲間と居場所を奪われた楓が仕掛ける復讐の先に待ち受けていたものとは?

cinema LINDA通信簿


ワクワク度 ★★

ハラハラ度 ★★★

衝撃度 ★★★


「人に不用意に近づきすぎないこと」を人生のモットーにしている主人公・田端楓(吉沢亮)の生き方、地味でおとなしい楓が明るく元気な女の子・秋好寿乃(杉咲花)にふりまわされるという構図……どこか“キミスイ”を彷彿とさせる設定に油断していると、途中でガツンと強烈な衝撃を受けるはず。「なりたい自分になる」「世界を良くする」という青くさい理想に向かって、2人だけのサークル“モアイ”を結成し、細々とボランティア活動を続けていた楓と秋好。しかし、早々に秋好の死が明かされた後は、一気に時間が3年後に移り、それ以降は現在と過去を行き来しながら物語が進んでいきます。楓が数少ない友人・董介(岡山天音)とともに、いまや巨大な団体となったモアイの悪を暴こうと立ち上がる姿は、ワクワク感に満ちた青春そのもの。しかし、その先にあるのは単純な爽快感や泣ける感動ではなく、予想もしなかった鋭い心の痛みと現実の残酷さ。登場人物の痛みが伝わってくるばかりか、自分の忘れたかった黒歴史も掘り返すような容赦のない展開に胸をザワザワさせられます。“キミスイ”と形は違っても「人は変われる」という住野よる作品らしいメッセージは、きっと大人にも刺さるでしょう。

(文・石塚圭子)

 

LINDA注目のSTAFF&CASTを紹介!



原作者:住野よる


2015年に『君の膵臓をたべたい』でデビューして以来、発表する作品が次々とベストセラーとなり、いま一番勢いのある作家として注目を集めている住野よる。第5作目の『青くて痛くて脆い』は、それまで小中高生を登場させてきた住野が、初めて大学生を主人公に据え、社会に出る前の“最後の青春”を描いた小説です。“キミスイ”の主人公たちが読者に美化されすぎていると感じ、そのキラキラしたイメージを自らくつがえすべく書かれたともいわれるだけに、読む人の心をえぐるようなリアルで痛い青春像は、まさに“キミスイ”とは対照的。それと同時に、不器用な登場人物たちの繊細な交流や、物語に隠された秘密の存在など、住野作品ならではの魅力も満載です。



   

『青くて痛くて脆い』

2020年8月28日(金)全国ロードショー

監督:狩山俊輔 原作:住野よる 脚本:杉原憲明
出演:吉沢亮 杉咲花 岡山天音 松本穂香 清水尋也 森七菜 茅島みずき 光石研 柄本佑ほか

配給:東宝  

©2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会

『青くて痛くて脆い』のホームページはこちら